コピペの湯

SEARCH
PROFILE

管理人:おかゆ
リンクフリーです。
アフィやりません。

CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RANKING

ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキングならblogram
MOBILE
qrcode
 

711 :可愛い奥様:2010/05/27(木) 13:29:05 ID:r3PVpD6M0
日々の怠惰な生活が祟って、太めというよりはっきり言ってデブの域に
きつくなったワンピース(他に入る服もナシ)を無理矢理着て銀行へ
カウンターで、足元に落としてしまった判子を拾おうとして屈んだら
ブチッ!というかビリッ!というか、とにかく背中のファスナーが弾けてしまった
一瞬頭の中が真っ白に、そこで本来味方になってくれる筈の身内(息子)が
「すげー!母ちゃんケンシロウみてぇー」(北斗の拳のファン)と一言
その一言で、近くに居た今まで笑いを堪えていたんであろうサラリーマンが
堪えきれなくなって顔を抑えながら「プグッ!ブホヘホホ、ゲホッ」って感じの
なんとも言えない噴出し方をしたもんだから、周りにいた人たちもつられて大笑い
もう、タイトル通り「穴があったら入りたい」でした
 

  面白 | 22:58 | comments(0) | -

179 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/07/13(日) 02:36:54 ID:gLVmcHQP
うちには先祖代々伝わる二本の巻物がある。

その巻物は二本まとめて桐箱に収められているのだが、
ある時父がそれを持ち出してきて
「この箱は巻物用にわざわざ作らせたんだぞ」と自慢げに言った。
見れば確かにあつらえたようにサイズぴったり。
しかしなにげなく箱の裏を見ると

「○○屋羊羹 賞味期限/昭和○年○月○日、原材料…」

と羊羹の品質表示ラベルが貼ってあった。

(;'Д`)「お父さん、これ羊羹の箱…」
Σ(゚Д゚;)「エーッ! ほんまか!?」

本気で驚いていた様子なので、先祖から嘘を教えられていたのか
もしくは父の中で記憶が改ざんされていたのか知らないが、地味に萌えた。
 

  和む | 22:56 | comments(0) | -

869 名前:名無しさん@おーぷん[sage ] 投稿日:2016/01/21(木)19:09:44 ID:bmQ
かなり理不尽冷め

元カレはかなりの少食だった。
丼物小盛半分くらいで「お腹いっぱいになってきた…」とか言ってた。
そもそも炭水化物もそんなに食べないらしい。
食べる速度も遅くて、大盛り頼んだ私の方が先に完食するレベル。
食べ終わった私に追いつこうと必死になる姿を見て、段々申し訳なさが募ってきた。

しかし彼は少食なのに料理が上手く、よくご馳走してくれた。
ある日唐揚げをたくさん作ってくれたんだけど、レモン汁と甘辛ダレも用意してくれて、
甘辛→酸っぱい→甘辛で永遠に食べられるかと思った。
ふと彼氏の方を見たら、彼は飲み物だけ飲んでて、私が食べるのをお母さんみたいな優しい表情で眺めてた。
それを見たら何故か突然冷めた。
申し訳なさのメーターがいっぱいになったともいう。
私には一緒に食べ放題行けるような人じゃないと駄目だった。

別れる前に唐揚げのレシピを聞いたけど、あの味は自分で作っても再現できなかった。
 

  恋愛 | 22:55 | comments(0) | -

498 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/12/04(日)15:39:42 ID:r7D
しょぼい修羅場だけど、3年くらい前に頭のおかしい大学生とその親と大喧嘩したわ


祖父が大家の学生アパートで簡単な管理人やりながら住んでるんだけど、その年の夏に入ってきた大学生がとにかく頭がおかしかったんよ
朝の5時に大笑い始める、休日に友達を呼んで4時まで騒ぐ、オートロックの電源勝手に切って放置する
極めつけに地域のゴミ捨て場がすぐ横にあるんだけど、そこにめがけて4階からゴミ袋を投げるっていうね…
当然他の入居者やご近所さんから苦情が来るんでとりあえず本人の部屋に行くんだけど、今までギャーギャー騒いでたのにインターホン鳴らすと急にシーンとして無視
何度も何度も鳴らしてドアポストに苦情の手紙入れて部屋に戻ったらいきなり友達連中と大爆笑
んで今度は電話で連絡するも完全無視、4回目で着信拒否設定された

あんまりなので親に「出て行ってもらいます」と連絡すると両親がわざわざ県外から来て、お灸据えてくれるのかな?と思ったらうちの祖父と俺に向かって、

「学生が騒ぐのは当たり前でしょ?あんた学生の時に同じことしただろ」

と、真顔で言い放った

祖父が「今までこんなにうるさい学生さんはいなかった、近所からも苦情が来ているし他の入居者からも苦情が来てる」と伝えたがまったく話を聞かない
あまつさえ両親が味方について増長した学生が「家賃高い癖に防音が悪い」とか「エレベーターないとかありえない」とか言い出したからオレもキレた
「お前がうるせぇのはお前の頭の問題だろうが」って言ったら向こうの親父にいきなり殴りかかられた
曰く入居してやってるのに何様だとか、誰の息子に口きいてんだとか喚いてた
祖父に警察を呼ぶようにいってオレの部屋に行かせたら後を追いかけようとしたから喉輪絞めで壁に叩きつけた
息子も母親も棒立ち、親父だけが顔真っ赤にして咽てたけど気にせずそのまま持ち上げるように力入れたら足が浮いた
電話しながら祖父が死ぬからやめとけ!って止めるからやめたけど、この親父何をとち狂ったのか階段に備え付けてあった消火器を投げつけやがった
当たったのがこめかみの所で一瞬クラっと揺れたけどそのまま体重差で上乗りに組み伏せてまた喉輪決めたらギャーギャーわめきだした
「オレは〇〇と知り合いだぞ!」とか「地元でオレに手ぇだしたらどうなるかしってんのか!」とか言ってたから「〇〇が誰か知らんけど、お前その名前だしたんやから覚悟せぇよ?」って言ったら黙った

結局警察が来て事情聴取してもらって、警察署へ引っ張ってもらって、勝手に停めてた車も知り合いのレッカー屋に頼んで警察署に持って行ってもらった
問題はそのあとで、血が出てたから祖父に病院へ連れて行ってもらって診てもらったら、あと数ミリずれてたら失明でしたねって言われて修羅場った…
実際そのおっさん地元では旧車会?とかなんとかそんなのに入ってる奴らしくて、クソみたいな知り合いが沢山いるらしいっていうのも警察から聞いた
学生の方はカッチリお灸を据えてお前とお前の親父名義で訴えるからなって言ったらそそくさ退去したけど、祖父が周りのアパート持ちの知り合い連中に連絡したからどこも入居させてもらえなかったみたいやなぁ

 

翌年の春にそいつが入ってた部屋に滅茶苦茶可愛い子が入ってきて嬉しかったなぁ
出て行ってもらってよかったわ
 

  爽快 | 22:18 | comments(0) | -

243: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/04/08(木) 23:45:04
うちの庭、スイセンとニラが混在してるぞ。
とても人ごととは思えんwww
最初は分かれてたんだわ。
ニラって結構、種の到達範囲が広くて、
何年かするとスイセンの間に生えてたりするのよね。
スイセンの方にも生えてるけど、使うな。
とは言ってあるが、基本貧乏性なんでなあ。とっても危険www
 

  | 22:15 | comments(0) | -

789 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/10/02(木)00:38:38 ID:???
俺が1年半前まで勤めていた会社では、毎週月曜日の朝礼のときに脳のトレーニングをしていた。
俺がいた部署は10人ほど社員がおり、社員たちが持ち回りでなぞなぞ等を考えてこなければならなかった。
会社としては「脳を活性化させて生き生きと仕事をしよう」ということだったが、特に出題者は疲労困憊するだけだった。

そしてある女性社員(既婚)に出題の順番が回ってきた時、彼女は物凄い問題を出してきた。
今考えても、あれほど衝撃的なことを言った人は他にいないと思う。
その問題は「私は結婚しているわけですが、この会社に好きな人がいます。誰でしょう」というものだった。
それに対して男性社員の何人かが自分自身を指さして「答えは…俺!?」と茶化したりしていたが、皆その女性社員に引いていたことは間違いない。
彼女は

「あなたたちではないです。実は、今日たまたま会社を休んでる上司のAさんが好きなんです。私はAさんと浮気しているわけではなく、私が一方的に好きなだけ。Aさんにはこのこと言わないでください」

というようなことを言った。
ちなみにAさんも既婚。

ただでさえ毎週この脳のトレーニングタイムは皆テンション低めでグダグダになるのに、その時は史上最高に気まずかったわ。
しかもAさんがいないところで「Aさんが好き」と告白し、それをAさんに伝えるなという展開は意味不明すぎた。
もう誰も茶化すこともできず言葉を失っていたんだが、告白した当の本人はすがすがしい顔をしていた。
そのうち誰かが、俺たちはどうすればいいのかと訊いた。
そうしたら彼女は「緊張感をもって見守っていてください」というようなことを言った。
Aさんに直接好きとは伝えず他の社員だけに伝えることで、今後その女性社員とAさんが話をしているときなどに場が緊張する効果を狙ったらしい(そのように女性社員が説明していた)。
どこからそんなありがた迷惑な恋愛スキルアップ情報を仕入れたのか知らないが、とにかく次の日Aさんが出社した時から確かに緊張感は生まれていた。

 

結局、緊張感が生まれただけでその後は何も進展はなかったようだが、あの朝礼の時はとんでもない爆撃問題を落とされたと思ったわ。
正直、あそこまで負担をかけてくる社員は見たことない。
 

  | 19:26 | comments(0) | -

142 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2015/07/04(土) 17:17:23 ID:qzgSn/xg

かくれんぼで最後まで隠れて見つからなかったせいで
講堂の大鏡に取り込まれた生徒が居るって学校の怪談にされた人も居るんですよ
今でも夜な夜な出してくれと俺は鏡の向こうから泣いているらしい。
 

  | 19:25 | comments(0) | -

667 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2017/12/07(木)15:26:03 ID:WDR
実家のセキセイインコが詐欺電話を撃退した話

久々に実家へ遊びに行った時のこと
リビングでインコと戯れていたら、一本の電話がかかってきた
母が応対したんだけど、なんだか困った様子で「はい…はい…」と頷いている
ジェスチャーで代わってくれ!と助けを求めてきたので交代したところ、
電話をかけてきた相手が父が勤める病院の副院長で、
父が医療ミスで子どもを死なせてしまったことが分かった
まぁそこの病院に副院長はいないしそもそも父は精神科医なんだけど
どのタイミングで電話を切ろうかなーと考えていたら、
肩にのせっぱだったプーチャン♂(8)が受話器に発/情した
詐欺師「つきましては賠償金として〜」
インコ「プーチャンキイロジャナイヨォ!」
詐欺師「えっ」
戸惑いを隠せない詐欺師
詐欺師「あの、***万…」
インコ「ピピピッ…プーチャン!ボクプーチャン!」
興奮して受話器をクチバシで連打しながらおしゃべりしまくるインコ
笑いを堪えるのに必死で言葉が出ないわたし、同じく母
インコ「ピロロキミカワウィーネェ??」
終いには詐欺師を口説きだして思わず吹いた
しばらく母と二人で電話が切れてることにも気づかないまま大笑いしてた
 

  面白 | 15:29 | comments(0) | -

192 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2006/11/18(土) 12:31:18 ID:6++YAvi+0
今日、お客さんの所に行った帰りに、久々に秋葉原に行って見た。
駅前の普通の喫茶店で、店員(♀)が妙にハイテンションで怖かった。
そこでの会話。

俺「あ〜、アイスコーヒーを」(財布から金を渡す)
店員「今、200円お買い上げのお客様には、スタンプカードを差し上げています。いりますか?」
俺「や、いらない」
店員「( ゚д゚ )・・・」
店員「スタンプを集めると、温泉とかに行けちゃうんだぞっ。」
俺「・・・え?」
店員「他のお店でも使える、とっても優れものカードだよっ。貰わないとだめだぞっ。」
俺「そ、そうですか。。。じゃ、頂きます。。。」
店員「また、来るぞナ。まってるぞなっ。」

秋葉は、俺が来ては行けない街だと言う事を悟った。
 

  面白 | 15:29 | comments(0) | -

993 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/08/24(水)22:54:47 ID:b1T
埋めがてら。
新卒で就職した。
制服貸与の会社だった。
乙女の見栄で、実際はLサイズだったんだがMサイズを申請した。
息を詰めて、無理やり体を突っ込んだ。
しばらく仕事をして、トイレに行こうと立ち上がり、
つい深く呼吸をしてしまった途端、
ぶちぶちぶちっと音がして、
ブラウスのボタンが飛び散った。
それが胸のボタンならアニメや漫画でもよくあるお色気シーンにもなろうが、
腹のボタンだったのさ………orz
 

  黒歴史 | 18:46 | comments(0) | -

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.