コピペの湯

SEARCH
PROFILE

管理人:おかゆ
リンクフリーです。
アフィやりません。

CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RANKING

ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキングならblogram
MOBILE
qrcode
 

926 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/04/19(木)18:05:18 ID:zGB
17歳の頃。ポケベルが流行っていた頃。

 

夏休みの前の暑い日、
友達と遊びに行く為に、新しい服を出した。
薄い生地が何枚も重なっている長めのフレアスカートで、
涼しげでキレイなスカートだった。

遊びに行く楽しみと、新しい服を着ている満足感で
気持ちよく自転車を漕いでいたら、いきなりすごい力でガツンッ!!
と後ろに引っ張られる感触があって、自転車がこける様に急停止した。
ええ??何々??
と振り返るとそこには、だれもいない?

ふと足下を見るとそこには、パンツからのびる私の足があった。
やたらとスースーする私の下半身。混乱する上半身。

ギャーーー!!えーーーーーー!!!!!!!
っとしゃがみこんだ。(実際これしかできなかった)
履いていた、フワフワとしたスカートが全部自転車の後輪に全て巻き込まれていたww

パニックになってどうして良いのか、考える事も出来なかったが、
おじさんがジャケットを脱ぎながら近づいてジャケットを貸してくれた。
ジャケットを腰に巻き、動かなくなった自転車を抱えて家に帰った。
公衆の面前で露出してしまったので、警察に捕まるのではないかと怯えていた。

のが私の修羅場ww

あれ以来、スカートを履いて自転車に乗る女の子を見るとヒヤヒヤしてしまう。

 

929 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/04/19(木)21:41:41 ID:zGB
>>928
おじ様は自宅まで送り届けてくださりましたので自宅に入り
バスタオルを巻いて直ぐにお返ししました。
パニックのあまりクリーニングに出す。なんて事は頭をよぎりもしませんでした。

お恥ずかしながら、当時年頃でウキウキと遊びに行くつもりで、
鼻歌交じりに自転車をこいでいる時に訪れた、
人生最大のピンチに現状を把握する事だけでもキャパ越えでした。。。

田舎の国道沿いの道路脇でサマーニットに勝負じゃないパンツ。
というような出で立ちで醜態をさらしていた私が自宅についたころには、
頭も心も機能停止しており、まともに送って頂いたお礼も、
見せてしまったお詫びも出来ずに今日に至ります。

いつか同じような状況に出くわしたら、さっとスカーフを差し出して他の方
にお返しを出来ればと思っております。
 

  黒歴史 | 12:06 | comments(0) | -

166 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/10/25(火)01:42:54 ID:Q8H
昔、これから大雨が来るかもということで学校から早めに帰宅したことがあった。
家に帰り、リビングに入ろうとすると、ドアのすりガラスの向こうで、人影が二つ、変な動きをしていた。
さらにそこから母の苦しそうな声が聞こえる。

当時小学3年生、暇なときには「授業中に悪い人が入ってきたら…」の妄想をしていた私は、
足音を忍ばせて、庭のホースを持って静かにリビング前に戻った。
そして一気にドアを開け、「はなれろおおおお」と叫びながら放水。
ちなみにこの時、ホースのヘッドで一番勢いの強いものを選んでて、水源は最大開放。
ものすごい勢いの水で、母からもうひとつの人影を引き離すことに成功した。
私は心の中で、「今の私…すごくかっこいい!!!」と自分に酔いしれていた。

 

結論から言うと、私が撃退したのは父だった。
父からは「家に変な人がいると思ったら撃退する前に警察に電話しなさい」と怒られ、
母からは「助けようとしてくれたのは嬉しいけど、部屋水浸し…」と言われた。
その後父の体にはあざが出来始めるし、一番放水の被害が激しかったソファは粗大ゴミとなった。
こうして私は「何事も行動する前に、どういう結果になるか考える」ことを学んだ。

でも今思うと両親は…うん、当時の私が気づかなくてよかった。
 

  黒歴史 | 22:35 | comments(0) | -

895 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/04/06(金)00:04:27 ID:5eg
この時期になると思い出してしまう話

数年前、大学を卒業して社員50人程度の小さい会社に就職した私は入社式で壇上に立たされ簡単な自己紹介を求められた
緊張しいなので声が上ずっていたものの、名前と年齢、出身地、あと犬のコーギーが好きだと話した
すると一瞬空気が固まって、一拍おいてまばらな拍手
同じく壇上にいた同期に「私なんか変なこと言った?」と聞くも「普通だったと思うよ」との返答
でもその後の歓迎会でも先輩方は私を見て苦笑いだったり遠巻きに見ていたりと腫れ物を触るかのような扱い
なんなのこいつらと困惑半分苛立ち半分だったけど、新人だったし気弱な性格だったから問いただすこともできなかった

で、後日同期が事の次第を教えてくれた
私の自己紹介がカミカミだったせいで、「犬のコーギーが好き」が「犬の交尾が好き」に聞こえていた社員が多数だったそうな(近くにいた同期たちは普通に聞こえていた)
うん、そりゃ、みんな固まるわ…
自己紹介で犬の交尾とか完全にヤベーやつだわ…
幸いすぐ誤解は解けたけど、事態を把握したあの瞬間はほんとうに修羅場だった
顔から火が出るという経験は今のところあれが最初で最後
 

  黒歴史 | 22:08 | comments(0) | -

356 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2017/02/20(月)07:59:28 ID:8id
物凄く下らない事なんだけど、自分の顔が自分の想定より4割位不細工だった事。
しかも30過ぎてから気付いた…。

別に凄い美人だと思い込んでいたわけではない。
中の下、下の上レベルと思っていた。
ブスの並み、みたいな。

 

私が自分をブスの並みだと思った事件は、高校時代バラエティー番組の観覧に当たった事。
芸能人の後ろに観客席があるタイプで、ある芸能人のすぐ後方に私が座っていた。
なので、その芸能人がアップになると後ろに悪夢のように浮かび上がる不細工な私。
帰ってから放映されてあまりのブスさにびっくり。
しかもその椅子が単なる板で尻がずっと痛かったせいで、番組が進むごとにブスが苦悶の表情に。

おこがましい事に、それまで自分を「超美人じゃないけど、よく見ると可愛い。少女マンガで言うと主人公ポジションの顔」(!)と思っていたので、幻想が打ち砕かれた。
ほら、少女マンガの主人公って「私は美人じゃないし…グジグジ」みたいな事言いながら、モテモテじゃん。
イケメンに「あれ?こいつ可愛い」みたいに惚れられたりして。
そんな事実はないのに、そう思い込んでいた。
しかし観覧事件が起こり、自分のブスを自覚、身の上は弁えていたつもりだった。

 

そして時は過ぎ33歳の時、地域のちょっとしたイベントでTVのインタビューを受けた。
例の観覧事件の放送事故を思い出し、「ブスが油断すると更に酷いことになる」と、精一杯のキメ顔で挑んだ。
が、結果、高校の時よりも酷い顔で写るキメ顔のブスが!
あれは尻が痛いせいで割増でブスに写っていると思っていた。
だからキメ顔してればもうちょいマシだと思ったんだ。
でも尻が痛くても、キメ顔でもブス度は変わらなかった。

と、いうわけで30も半ば過ぎた今、更に謙虚に生きるようになりました。
もう手遅れかもしれないけど。
 

  黒歴史 | 19:05 | comments(0) | -

753 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/10/05(日) 00:18:49 ID:NxyWQjOg

北海道のバター飴(繭玉みたいな形の白いやつ)って、

「蚕が入ったままの繭を砂糖漬けにしたもの」

だと教えられて信じてた。
でも食べてた。

口の中で段々飴が小さくなってくると、

「そろそろ蚕だった部分かなぁ」

と思ったり、たまに飴の中に大きい空洞があったりすると

「これは完全に砂糖漬けになってないから、まだ中に蚕が入っているんだ!ヤバイ!」

と思って口から出した。

その口から出した飴を、「バター飴は繭の砂糖漬け」と教えてくれた姉ちゃんが受け取って
「蚕うめぇww」とばかりに舐めてた。
 

  黒歴史 | 16:55 | comments(0) | -

993 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/08/24(水)22:54:47 ID:b1T
埋めがてら。
新卒で就職した。
制服貸与の会社だった。
乙女の見栄で、実際はLサイズだったんだがMサイズを申請した。
息を詰めて、無理やり体を突っ込んだ。
しばらく仕事をして、トイレに行こうと立ち上がり、
つい深く呼吸をしてしまった途端、
ぶちぶちぶちっと音がして、
ブラウスのボタンが飛び散った。
それが胸のボタンならアニメや漫画でもよくあるお色気シーンにもなろうが、
腹のボタンだったのさ………orz
 

  黒歴史 | 18:46 | comments(0) | -

268 :おさかなくわえた名無しさん:2010/07/17(土) 17:26:39 ID:Xu7GtutX
高校時代ずっと好きだった男子がいた。でも私は内気で男子とは全くしゃべれなかった。
当然思いは伝えられずに卒業した。
そこまでは良い。それで終われば良かったのに・・・・orz

 

短大入学後初めてネットを始めた私は衝撃をうけた。
2ちゃんねる凄すぎる、卑猥な言葉、画像が飛び交い、社会に批判的な態度は当たり前。
そうか私の知らないところで社会はこんな風に進んでいたのかと一人納得。
2chは男の人が多い、2chをきわめた女になれば私はモテるはず!!と勘違い、暴走を始める

mixiを始めて、まず同級生なら私と分かるように自己紹介、学校名とクラスをさらす
好きだった男子の友達がいることに気づき、アピール
そして、あの地味で内気で暗かったあの子が!?というギャップ☆を出すために
日記に卑猥でお下劣な言葉を並べた。処女のくせに
黒人の黒光りして引き締まった体最高!日本人より黒人の方が○○○でかいからいい!とか、
日本人の男は過半数が仮性包茎なのよ☆Hのときは剥いてあげなきゃ☆(←よく分かってなかった)とか、
今日の彼氏はインポだった。頑張って立たせてあげなきゃ☆とか・・・・

今思い出したらうわああああああああああああ(((゜Д。;)))
ある日目が覚めて、何も告げずにそそくさと退会した。
もう2度と地元に帰れない・・・同窓会出られない・・・・ちくしょう2chとmixiのばかやろう・・・
 

  黒歴史 | 22:43 | comments(0) | -

411 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/04/17(日)10:15:10 ID:tJP
カーチャンで思い出した、小学校低学年の頃の恥

 

漫画雑誌におまじない特集みたいなのがあって、当時そういうのが好きだった私は
「消しゴムに好きな人の名前をかいて、消えるまで使ったら両思いになれる」というのを試した
クラスメイトの男の子の名前をわくわくテレテレしながら書いたわけだが、さすがに学校で使ってバレたらはずかしいので家の机の引き出しに隠して宿題やるときにだけ使ってた

 

ある日学校から帰ると、母がめちゃめちゃ怒っている
まあアレだ、掃除中に例の消しゴムをみつけ、男子の名前が書いてあったせいで、私が盗んだんだと思ったらしい
涙混じりに説教され、怒られ嘆かれ正座させられた
母に泥棒扱いされて焦るし悲しいし、でも恋愛成就のおまじないだとは恥ずかしくて言えず
「なんで取ったの!」
「ちがうもん!とってない!それ私の!」
「じゃあなんで◯◯君の名前が書いてあるの!」
「書いてあるけど私のなのー!(泣きべそ)」
というやりとりを何回もくりかえし、業を煮やした母に
「今から◯◯君の家に行って謝るよ!」
と腕を掴まれた
泣きわめきながら玄関まで引きずられていって、ソックスのまま外に出された時点で母の本気さを感じ、◯◯君に知られたら明日から学校いけん!とおもいつめ、白状した
母は最初「はあ?」って感じだったが、おまじないの載った雑誌を見せると納得してくれた
安堵と恥ずかしさで号泣する私を膝にだっこして、般若から一転にまにま顔になった母が
「ごめんごめん早とちりだった、◯◯君ね、明るくていい子だもんねえ〜」
と慰めてくれたが、正直もうほっとけ!触れるな!と子供心に思った
大袈裟かもしれないが引きずられている間はまさに「生きるべきか!死ぬべきか!」くらい葛藤した、自分内子供の頃の修羅場ナンバーワン

私は一部始終をくっきり覚えているほどの強烈な思い出だったのだが、母はさっぱり覚えてなかった
この数年後に私が大病したほうが衝撃で、ふきとんでたらしい
覚えてないんだったら言うんじゃなかったよ…黒歴史として葬れるチャンスを潰してしまった…
 

  黒歴史 | 21:10 | comments(0) | -

586 名無しさん@HOME sage 2015/11/20(金) 22:34:53.94 0
うち田舎の神社なんだけど、氏子会の人たちと蔵の掃除をしたことがあった
その時にとある箱が見つかって「これ何だ?」という話になったんだが
実はその中には母親の昔のポエムとか書かれてるいわゆる黒歴史ノートが入ってて母親が慌てて「何でもないです!」と箱を奪い去り念入りに償却処分した
1週間後くらいには近所の小中学生くらいの間でなんかすごい悪霊を封印したことになってた
 

  黒歴史 | 13:44 | comments(0) | -

580: 彼氏いない歴774年 2006/10/31(火) 19:07:56
可愛いというかモテたくてお弁当を自分で作ってると言っていた
しかし、自分は料理ド下手で、母親はお弁当を作らず私にお昼代を渡すだけ
そんな私は朝一でコンビニに行ってコンビニ弁当を買い 自分のお弁当箱に詰めてました

ある日、友人に『あなたの卵焼きなんだか機械的ね』
バレてた
しかも初日からバレてていつ言おうか秘密裏に作戦会議があった模様
そんな私の高校時代のあだ名は『幕ノ内親方』
幕ノ内は分かるが、親方は悲しくなった
しかも、いつしか『親方』になってた
何故そっちが生き残った!

  黒歴史 | 21:41 | comments(0) | -

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.